個人ビジネスを副業から本業に変える目安はあるの?

この記事のPOINT!
  • 副業を本業にかえるタイミングの目安を教えるよ!
  • おまけ:本業がある間にやっておいた方が良いことを教えるよ!

こんにちは!個人ビジネス戦略家のむろ(@micro_muro)です。

私は、個人ビジネスはいきなり会社を辞めて始めるのでなく、まずは副業として始めることをおススメしています。

起業の成功に欠かせない15のコツを解説 副業から起業が最高すぎる!得られるメリットと注意すべきデメリット

まず走り始めは副業でいいのですが、やはり最終的には『自分のビジネス一本でやっていきたい!』『個人ビジネスを本業に変えたい!』という人も沢山いるでしょう。

むろ

俺も、個人ビジネスで生きていくマイクロ起業家ですよ!
マイクロ起業とは?

でも、いざ「会社辞めるぞ!」「副業を本業に変えるぞ!」と考えても、その決断を行うのはなかなか容易ではありませんよね?

一大決心、ですからねぇ・・・。

起業家候補生

そこで、この判断を行う手助けとなるように、副業を本業に変えるタイミング&目安をお伝えしようと思います!

むろ

気になっている人、多いと思うからね(笑)

ベストは副業収入 > 本業収入 になった時?

おそらく、誰もが思いつくタイミングがこれでしょう。

ズバリ『副業の収入が、本業の収入よりも高くなったら』です。

むろ

まぁ、こうなれば、だいぶん安心だよね。

たしかに、個人ビジネス一本に絞るとき、もっとも精神的ハードルになるのは、間違いなくお金の問題ですからね。

副業が本業よりも稼げる状態になっていれば、たしかに何の問題もなさそうに見えます。

ところが・・・これは、2つの理由から、正直微妙な考え方です。

現実的に結構難しい・・・

まず、ひとつめの理由。

はっきり言って『複業の収入 > 本業の収入』を実現するのは、かなり難しいと思わないといけません。

そもそも、本業があるということは、かなりの時間や思考を本業に取られる状態になっているはずです。

むろ

副業にかけられる時間は1日1、2時間とか、週末だけ、という人も多いはず。

その状態で、本業を上回るような収入を実現していくのは、ハッキリ言って難しいです。

むろ

結果を出すには、当然それ相応の時間と努力を、しっかりビジネスにかけないといけない。

むろ

本業の片手間で行なっている副業で、そんな簡単に大きなお金を稼げるようにはならんよ。
世の中『楽してあっという間に稼げる』系情報が多すぎて麻痺してますが、まぁ当たり前ですよね。

起業家候補生

たしかに副業収入 > 本業収入 となってから、というのは収入面で見れば安心が大きくなりますが、これを判断軸にすると、いつまでたっても『あくまで副業』状態になってしまうかも(笑)。

本業を超える収入が『続く』とは限らない!

ふたつめの理由がこれです。

たとえ副業収入 > 本業収入 となっても、それが『継続されるかどうか』は別問題ということ。

本業の最大のメリットは『継続的な収入』、会社が定期的に決まったタイミングで決まったお金をくれる、これがあるから本業は強いわけです。

いっときのお金が副業 > 本業 となったからといって、それが一過性だと『本業のような安定性』を手に入れることはできません。

下手すれば、その後が振るわずに廃業、という可能性も全然あり得ますよね。

むろ

収入は『続いてなんぼ』。だから、ただ副業収入 > 本業収入 という判断軸は微妙なんだよね。
なるほど・・・。

起業家候補生

『独立』を考える3つの判断軸

これらの理由から、単純に『副業の収入が、本業の収入を超えたら!』という判断軸、あまりオススメできません。

では、どのようなタイミング&目安で、副業を本業に変える決断をすればいいのか?それが、次に紹介する『私が考える3つの判断軸』です!

独立判断軸その1.副業収益で『月の最低支出』は賄えるか?

副業の収入で、一ヶ月の最低支出を補える、収入の判断軸としては、ここをおさえるといいでしょう。

今の副業収入で毎月の支出が賄えるようになれば、基本的にお金の問題はクリアできます。

お金は、あればあるほど嬉しいものですよね?だから、実際に『欲しい金額』と『必要な金額』って結構違うんですよ。

むろ

『欲しい金額』は、自分の理想や余裕、娯楽も入ってくるからね。

まずは、あなたの『最低限必要な月の金額』をしっかり算出して、その金額が『副業で補えるようになっているか?』を出してみてはいかがでしょうか?

独立判断軸その2.収入が3ヶ月継続している

次の判断は、収入の継続が安定的に実現できているかどうか?です。

月の最低限支出金額を、副業で補える状態が『3ヶ月継続できているか』を判断基準にしてみましょう。

むろ

ビジネスで怖いのは、やっぱり『収入が途切れること』だよね・・・。

本業が別にあればいいかも知れませんが、独立するなら『個人ビジネスの収入が途絶える』ことは、まさに死活問題!

重要な指標として『継続性』を見ておかないと、地獄を見ることになりかねません。

なるほど、だから『ちゃんと続いているか』を見ることが大切なんですね!

起業家候補生

独立判断軸その3.集客の仕組みで仕事が取れる(ようになってきている)

最後が『顧客が集められる仕組み』が作られてきているかどうかです。

個人ビジネスのスタートダッシュを実現するためには、集客に注力するよりも、別の方法(視野)の方が効果的です。

個人ビジネスが集客に力を入れるのはやめた方がいい。なぜなら・・・

ですが、副業を本業に変えるかどうかのレベルまで成果が出ているのならば、しっかりと『集客』の仕組みも整えておくべきです。

集客の仕組みが作られていけば、ある程度安定した顧客獲得が行えるようになります。

むろ

副業を本業にするってことは、顧客が途絶えたら『死』ってことだからね・・・。

むろ

しっかりと顧客を獲得していく仕組みを作り上げておかないと、苦労するよ!

集客に頼らなくても、顧客を獲得していくことはもちろん可能です。

が、ビジネスとして『本業化』していくのなら、しっかりと『顧客獲得手段』はすべて準備を整えておくべき。

また、ある程度『集客』という行為で顧客が得られているのならば、現在の収入は『比較的安定して継続的に得られる』可能性が高いと言えます。

顧客を取りに行かなくても顧客が入ってくる仕組みができ始めているわけですからね。

なるほど。先ほどの『収入が続くか分からない』も、ある程度クリアできるわけですね!

起業家候補生

しっかりと『『集客で顧客が取れてきている』状態が作られてきているかどうか、は重要な判断基準のひとつになります。

これも逃さずチェック!

オマケ:独立前にやっておきたいこと

ローン関係の締結

個人起業家になると、ほんと思いますよ・・・「サラリーマンの社会的信用力、はんぱねーな」と(笑)。

先日、とある理由で物件契約をすることになっていたのですが・・・まぁ、審査を通すのに死ぬほど苦労しました!

むろ

一般的サラリーマンの数倍〜な収入あるのに、月数万円の保証が通らないからね!(笑)

理由は『サラリーマンと違って、決められた定期収入が無いから』です。

こんな理由じゃ、もうどうしようもありません(笑)。

やっぱり、何だかんだいってもサラリーマンの『社会的信用性』は強いです。

使えるうちに使っておくのがオススメですよ!

個人ビジネスのプロが『社会的信用度の低さ』に四苦八苦した話を暴露

家族の同意を得ておく

これをやらない(怠る)人が非常に多いのですが、しっかりと『ご家族の同意を得る』ことをオススメします。

むろ

何となく言い出しにくいのは分かるけど・・・(笑)

むろ

あなたのビジネス、そして稼ぎはあなただけの問題でなく、大切な家族全員のお話だからね!

しっかりと

  • どういう考えで独立することを考えていて
  • うまくいくと考えている根拠は何で
  • そのために、どのような準備をしているのか

をご家族にご説明し、個人ビジネス一本でやっていくための同意を得ておきましょう!

そのためにも、しっかりと『判断軸』を元に、現状判断や先の展望判断をしておいた方がいいですね!

起業家候補生

これも逃さずチェック!

まとめ

いかがでしたか?

これまで副業だった個人ビジネス一本で食っていけるようになるということは、非常に素晴らしいことです!

だからこそ、そのぶん『しっかりとした判断軸』で、個人ビジネスいっぽんでやっていく判断をしたいですね。

ぜひ、今回の内容を参考にしてみてください!

ではでは、今回はこのへんで!

P.S.

自分のビジネスを爆速的に本業へ変えていくための思考法・戦略・戦術が欲しい人は、他にいませんか??

起業家候補生