マイクロ起業で大きな幸せ。マイクロ起業家@室川のプロフィール

こんにちは!個人ビジネス戦略家のむろ(@micro_muro)です。

当メディアを訪ねてくれたうえに、私に興味まで持ってくれて、ありがとうございます!

このページでは、私のことを結構詳しくお話してますので、ぜひぜひお読みください。

むろ

ちょっと長いけどね!(笑)

読むより『観る派』なあなたにはコチラ!

こちらの『手書き動画』が、約7分でコンパクトに収まっている芸術品なので、おススメです!

起業家候補生

室川の基本情報

名前:室川 武範(ムロカワ タケノリ)

出身情報:1984年8月 石川県金沢市生まれ。性別は『漢』。

仕事①:個人ビジネス戦略家(個人ビジネス立ち上げ支援)

仕事②:レスポンスクリエイター(集客/販売代行人)

仕事③:IT戦略コンサルタント(企業顧問などなど)

家族構成:既婚。娘1人に息子1人の一姫二太郎。我が子を前にするとヘニャる。

趣味:筋トレと酒。

好きな言葉:『本当に元IT系ですか?』

性格:負けず嫌い。

行動タイプ:行動先行に見えて意外に頭から入るタイプ。

好きなこと:新しいことを始めるのが好き。

ギャップ:見た目より、中身はだいぶ優しい。

これも逃さずチェック!

室川の歩み

これは2歳になる少し前の写真です。

んで、これ↓が最近の写真。

私の2歳の写真を見て『こんなガッシリした、みるからに体格のいい、電車とかで隣に座ってもらえない系の漢』になるなんて、誰が予想できたでしょうか?

断言します、誰にもできなかったであろう、と。

危うく『真澄(ますみ)』という名前になりかけた漢

産まれた時の私は、それはそれは可愛かったので、親は危うく『真澄(ますみ)』という名前をつけるところでした。

うん、マジで危ういところだった。

むろ

いとこの姉さんが『真澄』という名前だったので、泣く泣く断念した模様(笑)。
いとこのお姉さんに感謝ですね!

起業家候補生

まぁまぁ苦労してきた、と思う

今でこそ起業家としてそれなりに理想的なライフスタイルを実現していると思ってますが・・・。

元々は、超ド級のブラック会社からスタートした、就活失敗組なんですよね。

むろ

今でも、ごく稀に嫌な夢を見る。完全に心の傷を負ってるよ(笑)。

これも逃さずチェック!

当時の自分を呪い殺したくなる『お気楽さ』

今でこそ色々な仕事をしていますが、大学時の進路希望は『京都府警に入ります』な公務員志望学生でした。

むろ

なので、就活は一切しないで、試験対策ばっかしてたなぁ。

むろ

大学って就職の支援もしてくれること自体、知らんかった。

(見かけ通り)体力にも自信あったので、無事京都府警に合格してます。

へぇ、受かったんですか!

起業家候補生

むろ

翌日にお断りの電話入れちゃったけど(笑)。

別に、深い理由もありません。

ただ、なんとなく、合格通知を見た瞬間に、どこからか「もう、満足したんじゃないか?」という、だれかの声が聞こえた気がしただけです。

はっきり言ってアホでした、人生を甘く身過ぎていましたねぇ。

「まぁ、何とかなるでしょ(笑)」くらいの気軽さで、結局、合格発表の翌日にお断りの電話をしてしまったんです。

地獄の環境で始まった社会人生活

京都府警の試験が終わるのが、だいたい11月ごろ(だったかな、もう昔なので細かくは覚えていません・・・)。

そんな時期から就職活動を開始したわけなので、当然ながらほとんど就活生を取っている企業なんか無いわけです。

なんとなーく就職活動をして、なんとーなく面接受けて、なんとなーく受かった会社へなんとなーく決めてしまいました。

むろ

で、当然のごとく、見事にブラック会社を引き当てたわけ。

むろ

就活めんどくて、とりあえず『受かったらしいから、もうそこでいいや』で終えちゃったから。

まー、入った会社の、凄いこと凄いこと・・・。

簡単にまとめると・・・

  • 電車が混雑?始発の終電だから、空いてる電車しか知りません。
  • 仕事って感謝されるんです?上司の代わりに頭下げてましたよ。
  • 自分の時間?そもそも休憩時間もまともに無いですけど?
  • お金?スーツも靴も一張羅でズタボロですが、何か?
  • 時給に換算すると500円ってとこですね。それでも同期のトップ!
  • 仕事が、楽しい?・・・お前、俺のこの姿を見てそんなdkしうtkw

己という存在の思考を完全に殺し、ただ、その日を頭下げて生きているだけ。

まさにその一言でした。

人生を作り直す決断:1「もうこんな惨めな想いはしたくない!」

壁にかかった、破れてしまった一張羅スーツ。

このスーツを見たときに「ここまでやって、新しいスーツ一着買う金も無い俺って、一体何なんだ?」という気持ちが爆発しました。

もう、こんな惨めな想いはしたくない!

と、ブラック会社で潰されまくっていた自分の感情が、ついに爆発しました。

むろ

まー、泣いた泣いた(笑)。不安定の塊でしたねぇ。

この爆発をきっかけに、徹底して『自分の状況を変える』ことを意識しはじめたんですね。

徹底してビジネススキルを学び、ガムシャラそのものに働いてきました。

むろ

もちろん、ブラックじゃないところでね(笑)。

まさに、仕事の鬼と化す!

兎にも角にもよく働きました。

むろ

今の俺からじゃ、予想もつかん(笑)。

その結果、

頑張った結果の一端

  • 社内表彰にて、最優秀賞を獲得!
  • 超有名なメガベンチャーの戦略顧問を担当!
  • 自社組織の組織長になる!
  • 年収とか、毎年+20%〜レベルでアップ!年100万アップも珍しくない!

と、いっきに『稼ぎ・地位・実績』を手に入れるくらいまでいったわけです。

むろ

まぁまぁな結果出してると言ってもいいと思うんだよね。

なんか漂う『違和感』・・・

まぁ上にはもっと上がいるのでしょうが、正直、サラリーマンとしてはかなりの結果(成果)を出していると思うんですよね。

でも、なんか、どうも『しっくり』こないんです。

何というか『満たされた』感じがしない。

何でかな?と思い、ふと冷静にこれまでを振り返ってみると・・・。

『家族が、全然幸せそうじゃない』という事実に気付きました。

確かに、キャリアを手に入れることができ、ビジネスパーソンとして充分といえる報酬を得ることもできている。

でも、目の前には、常に『山のような仕事』がありました。

むろ

家族と最後に会話した内容が、まともに思い出せない状況だったんだよね。

人生を作り直す決断:2「お金だけじゃなく、時間との両立を実現するぞ!」

注意
我が家でなく、知らない人のマンションです。

結局、お金や地位だけじゃ、自分(と家族)が望むような幸せは手に入らなかった。

その事実に、ようやく気づくことが出来たわけです。

じゃあ、自分が幸せになるためには、何が必要なんだろう?これを考えた結果が『大切な人と過ごせる、時間の自由』だったんですよね。

『自由な時間の存在』、これが自分にとっても、家族にとっても、どれだけ大切なことなのかということを痛感しました。

そして、ついに大きな決断を実行。

むろ

サラリーマン、辞めよ。

自分のハンドルを、自分でハンドリングする人生へ

満足いく生活をしたいので、お金は欲しいですし、でも時間も欲しい。

これ、今の世の中であっても、実現するのはなかなか容易では無いんですよね。

むろ

この内容を『誰かにハンドルを託す』サラリーマンだと、実現出来ないだろうな、と思ったわけ。

目指すは『お金と時間の自由を両立すること』。

今の私は、これまで培ってきたノウハウやスキルを駆使して『お金だけじゃなく、時間も手に入れる』ための活動を行なっているマイクロ起業家となったわけです。

今では、家族との時間がけっこうある!

まぁ例によって、結構勢いだけで独立・起業しているので、最初はなかなか苦労したんですよね。

むろ

ろくに個人ビジネスを形にしないまま独立してるし・・・。

個人起業家のスタートとしては、もっとも重要な点を綺麗にすっ飛ばしてました(笑)。

ちゃんと最初から『個人ビジネス・起業を成功させるためのプロセス』を考えて実行していれば、今よりももっと早く成果を出せていた気がします。

ともあれ、最近は手がけている3つの事業がどれも軌道に乗っており、結構いい感じです。

マイクロ起業なので『年商○億円じゃい!』みたいな形には絶対にならないんですけど、同世代サラリーマンの数倍以上の年収を確保しつつ、同世代と同等か、それより短い稼働時間で生活出来てます。

むろ

子供と接する機会が増えると、お父さんでもしっかりと『子供が懐いてくれる』ぞ!(笑)

今では個人ビジネス戦略の専門家として活動中!

当時はサラリーマン時代のスキルを使って、企業顧問やコンサルなどだけで生活してきたんですが・・・マイクロ起業家を貫くうちに、ちょこちょこと

イマイチ起業したビジネスがうまくいかないんで、助けてください。

起業家候補生

みたいな依頼が増えてきて、いまでは個人ビジネス戦略の専門家としても活動しています。

最近では、セミナーや講演の登壇依頼をいただく機会も増えてきました。

むろ

人前で喋るのが大好きな俺としては、セミナーとか大好物なんだよね!

支援してきた起業家候補生たちの中からは

支援した人たちの実績(一部)

  • 起業して、働く時間を半分に、稼ぎを2倍に増やした40代男性
  • 副業を始めた結果、本業の収益を上回ったので独立しちゃった20代女性
  • 複数の収入源を手に入れ、人生に自由な選択肢を手に入れた20代男性

などなど、お金と時間の自由を両立させた『マイクロ起業家』たちが誕生しました。

個人起業家の1つの到達点でありハードルでもある『年収1,000万壁』をいい感じに突破する生徒が沢山出てきたので、最近では『個人起業家を年収1,000万へ導く専門家』とか呼ばれたりもします。

むろ

人に何かを共有して感謝されると、まぁやっぱり楽しいですよね。

室川がこのメディアに込めた『想い』

このメディア、まだまだ走り出したばっかりなんですが(笑)、読んだ人が何かしら得られるような有益性をガンガン提供できるように運営していきます。

正直、今の世の中は個人レベルで年収1,000万を目指すことは夢物語でも何でもありません。

『簡単』とは言いませんが『実現可能なレベル』だとは言えるんですよね。

それを証明できるような情報・ノウハウを、このメディアを通じてお届けできたらいいな、と。

むろ

俺や周りの実体験を元に配信するから、きっと証明になると思うんだよね!

このメディアを見て、1人でも多くの人が『自分にも出来るかもしれない!』『自分でもやってみたい!』と思ってくれると嬉しいですね!

長々とありがとうございました!

ここまで、ながーい文章を読んでくれて、ありがとうございました(笑)。

ぜひぜひ、今後ともよろしくお願いします。

個人ビジネス戦略家のむろ(@micro_muro)がお届けしました!

P.S.

こんな室川が配信しているブログ記事一覧はこちらです!

起業家候補生

P.P.S.

個人ビジネスの専門家が100%レスしてくれる、質問し放題のLINE@がこちらです!

起業家候補生